2009年 02月 08日 ( 1 )

Liverpool are back on top of the Premier League after a dramatic 3-2 victory over Portsmouth

怪我人やサスペンションでやりくりが難しい中、ラファが選択したアタッカーはエヌゴグ&バベルのヤングスター。二人とも潜在能力は高いし、僕も大いに期待する選手なのであるが、いかんせんジェラード、トーレス、アロンソ、カイトと前線と中盤の要を欠いたとあっては二人にとってはいささか荷が重かった。
まだまだ彼らは個の力で打破すると言うよりも、中盤のコントロールや前線のパートナーのフォローで生きてくるタイプだ。この一戦だけで結果を求めるのも酷というもの。

でもジェラード以外の3人が入ってからは、さすがに役者が違ったという感じ。
お見それしましたと言う他ない。

この2試合、終了ギリギリでの勝ち越し劇。危なっかしい勝ち方ではあるが、開幕当初の勢いが戻ってきたのかも知れない。
それにしてもハラハラさせられた(苦笑)。

みんな最後まで諦めない気持ちが全面まで出ていたし、何かやってくれそうな感じがヒシヒシと伝わって来ていた。
FAはドラマティックな負け方をしてしまったが、今シーズンはプレミアのみに絞っていいと思う。他は犠牲にしてもこのタイトルだけは石にかじりついても獲って欲しい。
その意味、FAの敗退はプラス方向に考えられる。

そんな気持ちが出た、まさにみんなで勝ち取った泥臭い勝利だった。

これで束の間かも知れないが、取り敢えず首位!
やはり気持ちが良い!
e0132694_22265847.jpg

STEWARD
Leica M6+Summilux 35mm
©All rights reserved.
[PR]
by liverbird | 2009-02-08 22:27 | Liverpool FC