<   2008年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

BOLTON WANDERERS 0-2 LIVERPOOL

前回の試合でブレークしたロビー・キーンは、今回の試合では全く機能せず、おまけに絶好のシュートチャンスで空振りまでするオマケ付き・・・。
まだ今イチフィットしていないのかな〜?

代わりに入ったトーレスは、ここ数試合欠場していたにも関わらず見事にフィットし、ゴール前が活性化されました。
ジェラードはゴール前で一回空振りししたけど、二回目はさすがにきっちり決めてだめ押しゲット!やはりトーレス、ジェラードのコンビはピッタリと息が合ってますね。
AWAYでのパフォーマンスもなかなかいいですね。

この辺での取りこぼしは後々響いてくるので、きっちり勝ったのは評価できますね。

それにしてもキーン、もう少し時間が掛かるのかな。
e0132694_2322313.jpg

City CenterのTesco
Leica M6+Summilux 35mm
©All rights reserved.
[PR]
by liverbird | 2008-11-16 23:23 | Liverpool FC

年の瀬

11月も半ばになり、年の瀬ももう直ぐそこまで来ています。
毎年ながらこの時期になると、一年が経つのが早いなーと思ってしまいます。

去年の今頃は、年末年始のLiverpool行きに向けてワクワクしていたのですが、残念ながら今年はLiverpool行きの予定はありません。
行きたいのは山々ですが、色々と理由があって今年は断念しました。

今年プレミアリーグは新年の試合はなく、会社の冬休みを利用して行ってもRedsの試合は見る事が出来ません。
まあ、それを抜きにしても、現地に行って写真を撮りためたい気持ちが強いのですが、とりあえず今年の渡英はお預けです。

今年は2年ぶりに日本のお正月を、のんびりと過ごそうと思います。
冬休みまで後一ヵ月半。我々の業界は、一年でも最も忙しい時期となります。
でも僕は、11月半ばの紅葉時期からクリスマス、そしてお正月に向かうこの時期が、一年のうちで最も好きな時期です。
街も華やぎ、人もどことなく活気づく。せかせかしてるけど、ワクワクする。そんな緊張感と高揚感が混じった空気が大好きなのです。

今日もこれからひと寝入りして仕事で出社しますが、今年もこの季節を楽しみたいと思います。
e0132694_33901.jpg

Liverpoolで開催されていたBeatlesの写真展。
Leica M6+Summilux 35mm
©All rights reserved.
[PR]
by liverbird | 2008-11-15 03:41 | つれずれ

LIVERPOOL 3-0 WEST BROM

ロビー・キーンの移籍後プレミア初ゴールで快勝!
後味の悪い引き分けや、プレミアでの初黒星の後だけにいい勝ち方だったと思います。
トーレスも帰ってきたし、ここで仕切直してまた快進撃を続けて欲しい物です。

まずはこの前プレミアで苦杯をなめさされた、スパーズとのカーリングカップできっちり借りを返してもらいましょう。
e0132694_648201.jpg

KOP Anfieldroad
©All rights reserved.
[PR]
by liverbird | 2008-11-10 06:48 | Liverpool FC

0.85 Finder

最近使うカメラは、露出計内蔵のM6以降のモデルの出番がほとんどを占めている。
やはり露出計内蔵というのは、圧倒的に使いやすいし信頼感がある。
でもM3を使うと、50mmを着けたときのファインダーの見やすさや、あの独特のフォルムと質感は、やはり何とも言えないものがあるのである。

僕は35mm以上を使うことはほとんどないし、最近は50mmをよく使うようになってきたから、0.85のファインダーが欲しいなーと思っていた。
ライカは通常ラインでは0.85を中止してしまったから、新しく手に入れようと思えばバカ高なアラカルトしか選択肢はないが中古だと問題なく手に入れられる。
しかしM6は生産終了間際に造られただけなので、M7、M6TTL、MPに比べ、実は生産台数が少ない。
M7は一番使いやすいし、今一番出番が多いが、電気系統に不安がありライカでしか修理できないというのが最大の難点。MPも修理はそうだし、クランクが旧式で実用度ではマイナス点がつく。M6TTLは逆回転の大きく無粋なダイヤルはどうも好きになれないし、使いづらい。少し大きくなった形もNGだ。
そこで実用性や信頼度、メンテナンスの問題を考えると、僕の場合M6がベストの選択肢になる。

別に今すぐ欲しいわけでもなく、何の気なしにネットで検索していると、M6のあるタイプが、かなりのお買い得価格で出ていた。
しかも私も上京時には寄る、ちゃんと名の通った有名店。
とにかく「え〜っ!」って言うくらいの値段なのである。
こうなると欲望の虫が、ゴソゴソと動き始めた。
Shigeさんに相談すると何やら背中を押される状況。
これ以上ボディを増やしてもな〜・・、と言うジレンマと葛藤しつつ、ついにお買い上げとなってしまいました(苦笑)。

あまりに安いので電話で問い合わせたところ、AB+ですから新品ではありません。普通に使用された中古品です。キズや汚れは当然ありますし、ホコリの混入もありますとの話。「使用されている中古品です」を繰り返し言ってます。
僕の場合コレクションにするわけではなく、使用が目的なので、機械さえしっかりしていれば、キズなどはどうでもいいので問題なしです。

で昨日めでたく到着したのですが、見てビックリ!僕の基準からして、新同品と言ってもいいくらいのレベルでした。ライカファンにはルーペで品定めするような、神経質なオヤジが多いから、販売する方もかなり神経質な評価や格付けをするのでしょう。
ストラップのキズすら着いてないので、たぶんこれは使用されたことがないのではないかと思われる節があります。もしくはストラップを着けずに数回使用したとか、とにかくそのレベルの奇麗さです。

元々がコレクション用に売り出された機種で、ほとんどの物が箱に収められた状態だったと思われるので、状態がいいのではないかと密かに期待していたのですが、期待以上でした。少なくとも私が持っているM6よりは数段きれいです。

通常高いところでの表示価格の半額以下、大体の平均価格の6掛けくらいのお値段は、ちょっとあり得ないだろうと言う感じです。
ただし通常のセットに比べ、欠品が2つありました。ストラップとカメラケースです。
でもハッキリ言ってこんなもんいりません。用なしです。

この機種、機能的にはM6で形はM3です。ライカバブルの絶頂期に発売された記念モデルの象徴的存在のM6Jです。
発売当時は確か100万位だったのではないかと思います。
それがこのお値段で・・・。
M6の機能にM3のフォルム、言うことなしです。

当然セット販売されていたエルマー F2.8も着いて来ました。このレンズを使うのは初めてです。
0.85ファインダーは35mmは若干見づらいですが、50mmはやはり気持ち良く見えます。しばらく使ってみようと思います。
ちょっと満足感に浸れる買い物でした。
e0132694_1142105.jpg

奈良にて、女子高生。
Leica M7+ Elmr 50mm F3.5(Red Scale)
©All rights reserved.
[PR]
by liverbird | 2008-11-09 11:45 | Photo

Liverpool 1-1 Atletico Madrid

後味の悪い試合だったな〜・・・。
前回の敗戦を引きずっているのか、調子メチャ悪ですね。
攻めも守りもリズムがメチャクチャ。これじゃ勝てないわ。
後半なんか攻め込んでいたように思えても、まともなシュートがキャラガー1本って言うのでは話になりませんね。

今までも褒められた勝ち方はしていなかったけど、次のWBA戦でしっかり立て直して、いいリズムを確立して欲しいと思います。

せめてもの救いは、スパーズ戦で消えたかに思えた「運」だけが逃げていなかったこと。
でもあれはどう見てもPKじゃないな。
KOPがくれれた贈り物だったね。
e0132694_6573366.jpg

Anfield
次はスッキリ勝とうよ!
©All rights reserved.
[PR]
by liverbird | 2008-11-05 06:58 | Liverpool FC

奈良

土日で奈良へ行ってきました。

春に高松塚古墳の見学抽選が外れてガッカリしていたのですが、今回秋の特別公開には運良く当選したのです。
世紀の発見、超国宝級と言われる高松塚古墳も、保存状態が悪く壁画が著しく劣化しているため、大規模な修復作業に取りかかっているのです。
その作業を一時中断し、事前申し込みによる人数限定で、その作業場を公開しているのです。

この時期奈良は色々なところで特別開帳をやっていて、この機会に可能な限り見てこようと思いました。

まず行ったのは法隆寺。
ここは中学生の時に修学旅行で行ったきりですから、約30年振りと言うことになります。
夢殿の内部が特別公開されていて、格子越しですが内部に安置されている仏様を拝観出来ました。
昼食をとった参道のお蕎麦屋さんが懐中電灯を貸してくれたのですが、これが凄く役にたちました!仏様の細かな表情や展示物の細部がハッキリと見えるのです。
借りていって大正解でした!
その後中宮時へ行き旅館へ入りました。

食事の後ライトアップされている興福寺、奈良国立博物館へプラプラと散歩。
奈良博の前ではコンサートも開かれて、いい雰囲気でした。

翌日は朝7:30には奈良博へ行き、正倉院展へ。
正倉院展は大学の時上野であったものを見たことがあるのですが、奈良博で見るのは初めてです。
9:00スタートなのにすでに行列が出来ています。
あっという間に大行列が出来たため、開場を20分早めてスタート。
先頭の方だったので、わりとゆっくり、じっくりと見て回れました。
一通り見て回って、人気の展示物の方に戻ると黒山の人だかりで大変なことになっています。早く入って正解でした。

その後興福寺へ移動。ここも多くの特別開帳をやっていて、目玉は五重塔の内部の開帳です。五重塔に「正式」に入るのは初めてで、心柱も見ることが出来ました。
その後3つのお堂と国宝館を拝観。どの展示物も見応えがありましたが、やはり阿修羅像は素晴らしかったですね。ここへ来たのも大学生の時以来ですが、もちろんその時見たのは国宝館だけです。

その後急いで飛鳥に移動。
時間と人数が指定されていて、見学前に文化庁の職員の方からレクチャーがあります。
その後作業場へ移動し、いよいよ飛鳥美人とご対面です。
作業場をガラス越しに見るのですが、決められた人数でゆっくり見せてくれるので、思ったほどよく見えたのですが、劣化は想像以上に激しく、印刷物で見るような鮮明さはありませんでした。それでも十分見応えがありました。
しかも無料での講義、見学ですから言うことなしです。

2日間で貴重な文化財をたっぷり堪能できました。
e0132694_859511.jpg

法隆寺では何故か桜が咲いていたり(笑)・・・。
e0132694_911499.jpg

もう既に落葉があったり(笑)・・・。
色々楽しめました。
e0132694_9427.jpg

夜の興福寺五重塔。
©All rights reserved.
[PR]
by liverbird | 2008-11-03 09:05 | Travel

目が・・・

治ったと思っていたのに、昨日からまた腫れてきました(涙)。
今日眼科に行ったら、悪いもんじゃないから大丈夫とのこと。
普通は切ったら直ぐ治るんだけどねぇ~。ちょっとしつこい菌みたいだと言われていました。

そんな事言われてもね・・・。

今回は5日分薬をもらいました。
ちゃんと治るのかしら・・・?
切る必要はないと言っていたけど、前回も最初はそう言っていたしな・・・。

しかも2間の禁酒令。つらい!
e0132694_0213485.jpg

京都花見小路通。
Leica M7+Summilux 35m(1st.)
©All rights reserved.
[PR]
by liverbird | 2008-11-01 00:24 | つれずれ