カテゴリ:Liverpool FC( 40 )

消えたAlonso

発表前まではあれだけ連日記事が出ていたシャビ・アロンソだが、移籍が発表されてからと言うもの、全くと言っていいほどその動向を聞かなくなった。
元気でやっているのでしょうか?

それはLFCのサイトでも同じ事。たいてい移籍したり引退したそれなりの功績があった選手は、その足跡を辿る特集記事みたいなものが掲載されるのだけど(今シーズンで言えばサミのときは勿論、アルベロアの時もあった)、そう言ったものも一切なし。
WebのTopページなどに写真が使われていたりしたら、しばらくはそのまま使用されていることが多かったが、AWAYユニの宣伝に使われていたアロンソはいきなりカットされているし・・・。
もちろんTopチームの紹介欄からも削除されている。

過去の功績を考えれば当然それなりのことがあっていいのだけど、全くそんな気配なし。
このままシーズン・インしてしまえば、それどころではなくなっちゃいますよね。
よほどクラブと確執があったのかな?と勘ぐらずにはいられなくなります。

このまま消えちゃっていいのかな〜。
チームに大きな貢献をしたのは事実だし、それなりの対応をしてあげてしかるべきと思うのですけどね。
こんなのだと、Anfieldに帰ってきたときはどんな対応が待ち受けているのやら・・・。
ちょっと心配です。
e0132694_10362659.jpg

Alonso & Arbeloa
©All rights reserved.
[PR]
by liverbird | 2009-08-14 10:39 | Liverpool FC

Good-bye Xabi Alonso

以前から噂されていたシャビ・アロンソのレアルへの移籍がついに決定した。
いろんな利害が複雑に絡み合って、かなり長い間綱引きがあったが、シャビ自身が残留宣言を出さない状態が続いていたので、この移籍はほぼ間違いないと思っていた。

僕は基本的に野球でもそうだが、選手個人というよりもチームそのものを応援しているので、ある特定選手が移籍したからと言って、その忠誠心が揺らぐ事は微塵もない。
ただチームのために活躍してくれた選手がいなくなる事に対しては寂しさがこみ上げてくるのも事実だ。

この移籍騒動は、ご存知の通り前期から始まっていた。
バリー獲得に走ったラファとクラブは、その前年に5年契約をした選手を売りに出そうとした。僕はそのやり方には多いに疑問を持ったわけだけど、今回シャビが頑なに移籍の姿勢を崩さなかったのは、そのへんも大きく影響しているのではないだろうか?
バリーは確かにいい選手だけど、シャビの代わりが出来る選手ではない。
中盤で正確無比にタクトをふれ、試合の流れを変えることの出来る選手は、シャビを置いて他には見当たらない。
その移籍話に発奮したのだろうけど、07-08シーズンは今イチ冴えなかったシャビが、08‐09シーズンは見違えるような活躍をしたのはご存知の通りである。
僕は相当根深い感情があるのではと睨んでいる。
でなければ、本気でプレミアを狙えそうな今シーズン、しかもファンからは多いに愛されている存在の彼がこうまで移籍にこだわるとは思えないからである。

それともう一つの理由はワールドカップではないかと思っている。
現在スペイン代表に名前を連ねているシャビであるが、レギュラーポジションを取れているわけではない。アーセナルの若きキャプテン、セスクを見ても分かるように(彼もどちらかと言うと控えに回ることが多い)、現在のスペイン代表はリーガ所属選手を重んじる傾向にある。W杯で十分優勝を狙える今のスペイン代表で、自身のポジションを確固たるものにするためにも、リーガで実績を残す必要があると思ったのではないだろうか。
しかしこれは諸刃の刃で、Redsでならレギュラーの座はある程度保証されるであろうが、レアルでは泣かず飛ばずということも有り得るわけだ。

いずれにしろ移籍は決まった事なので、今更どうしようも出来ないのだけど、Redsにとって大打撃なのだけは確かだ。
移籍話が長引いたお陰で開幕を10日後に控えた段階で、新しい選手を獲るにしてもフィットするのには相当時間がかかるだろうし、昨年のキーンのように実績はあれど使い物にならないと言う事だってあり得る。
チームとしての成熟度がかなり高かっただけにほんとに残念だ。
でも我々は前に進まなくてはならないので、悲観してばかりもいられない。
目の前に迫ったシーズンインに向け、現有戦力でのフィットネスを上げていって欲しい。

しかし一抹の不安が残るのはシャビ・アロンソ。
最近Redsを出て行った選手で、まともに活躍している選手がいない事だ。
あえて挙げるならクラウチとシナマくらいか?
その二人とて大ブレークと言うには程遠い。
オーエンしかり、マッカしかり、ルイス・ガルシアも代表落ちしたし、フィナンやリーセ、シセもパッとしない。
果たしてアロンソはどうなのか????
Reds戦以外での活躍を祈るばかりである。

Reds戦といえばチャンピオンズリーグで対戦する可能性もあるわけだけど、果たしてAnfieldのファンは彼を拍手で迎えるのか、はたまたオーエンの時のようにブーイングで迎えるのか?
僕は大好きだった選手だけに前者だけど・・・。
YNWA
e0132694_1364928.jpg

Kop
以前掲載したものの別カット。
Kopに愛されていただけに残念。
Leica M6+Summilux 35mm
©All rights reserved.
[PR]
by liverbird | 2009-08-06 01:39 | Liverpool FC

LIVERPOOL AGREE ARBELOA TRANSFER

かねてから噂されていたアルベロアのレアル・マドリーへの移籍が発表された。
彼にとっては出身クラブへの帰還ということになる。
全盛期のフィナンほどの切れやクロスの正確さはなかったが、ディフェンスラインの色んなポジションをこなす器用な選手だった。
何よりCLのバルサ戦、カンプノウでロナウジーニョに仕事をさせなかったのが印象に残っている。
時々プレーが雑だったり、ラフプレーが多かったりしたが、スペイン代表入りも果たし、リバプールに来て大きく成長した選手ではなかろうか。
古巣に帰るわけだから、これからの活躍を祈る。
YNWA
しかしCB、LBはバックアッパーがいるが、RBはジョンソン一人で大丈夫なのかな・・・?

それからもう一人身辺が騒がしい選手、アロンソ。
一両日中に結論が出るだろうが、果たしてどうなることやら・・・。
この件については色々と言いたい事があるが、それは結果が出てからと言う事で。

またもう一人気になるのがマスチェラーノ。
しかしこちらの方は僕は楽観視している。
きっと代理人が儲けをたくらんで騒ぎ立てているだけだと思っている。

いずれにしても移籍の締め切りまで後一ヶ月あまり。
もうひと悶着は避けられそうにないな。
e0132694_21502845.jpg

Liverpool City Center
Leica M6+Summilux 35mm
©All rights reserved.
[PR]
by liverbird | 2009-07-29 21:51 | Liverpool FC

LFC 0-0 ST GALLEN

スイスで合宿中のLiverpoolが初めてのプレシーズンマッチに臨み、0-0の引き分けに終わった。
まあシーズン初戦としては怪我なく、無失点で終われて良かったのではないだろうか。
注目の移籍選手、イングランド代表グレン・ジョンソンも無難にプレーをこなしていた。
若手選手も積極的に起用されているようで、こういう機会にアピールしてファーストチームへの切符をつかみ取って欲しい。

今のところRedsの移籍市場はジョンソン以外に目立った動きはなく、アロンソとマスチェラーノの移籍話の方が話題となっている状況だ。
僕個人としたら強力なFWが一人欲しいところだが。軸はトーレスとして確定だが、彼をサポートしたり、昨シーズンのように彼が不在の時に代わりとなる選手がどうしても必要だろう。
MFやDFは今の布陣で申し分ないと思う(もちろんアロンソとマスチェラーノの残留が条件)。
エヌゴグやネメスのような若手が、かってのオーエンやルーニーのように出てくればそれはそれが一番なのだが・・・。いや、実際僕はこの2人にはかなり期待しているのですよ!

テベスはシティに行ったし、ビジャやエトーは現実的な金額じゃないし。こう見てみるとなかなかいないのよね、適当な人材。
マンUにオーエン獲られた腹いせに、フォルランやレアルを追い出されそうなニステルローイなんかがいいのかな(笑)?

それはそうとオーエン背番号7番らしいね。

今日もRedsはプレシーズンマッチがありますが、とにかく若手にはしっかりとアピールして欲しいと思いますね。
e0132694_1018857.jpg

Albertにて。
もうLiverpoolでの写真が、さすがに底をついてきました(笑)。
このカットも背景がねじれてるし、別カットを以前掲載しているので使いたくなかったのですがね・・・(苦笑)。
あ〜、早く行きたいな。
Leica M6+Summilux 35mm
©All rights reserved.
[PR]
by liverbird | 2009-07-18 10:20 | Liverpool FC

09-10シーズン

先日プレミアの新シーズンの日程が発表された。
RedsはAWAYでスパーズとの対戦となった。
これは中々厳しいスタートとなった。昨シーズンはホワイトハートレーンで2敗しているし、シーズンスタートとしてはイヤな相手だ。ここで勝っていいスタートを切って欲しい。

ところで新シーズンでも昨シーズン同様、年末年始に短い休みが設定されている。
今年の年末年始は渡英を予定しているのだが、せっかく行っても試合が見られないというのは残念だな〜。
これは時間を作って試合がある時期に行くしかないかな?
無理矢理休みが取れればだけど。
e0132694_8155327.jpg

City of MachesterのRedsファン。
©All rights reserved.
[PR]
by liverbird | 2009-06-27 08:17 | Liverpool FC

New Away Kit

先日注文していたリバプールの新しいアウェーユニフォーム(上着のみ)が到着した。
発表されたときは、中々カッコイイなぁ〜と思っていたのだが、実際に着てみると、なんだかもろユニフォームな感じがする(←当たり前のことですが・笑)。
何が言いたかったかというと、写真で見ると黒がしまって、赤やゴールドの控えめな配色も感じが良く、街着にも十分行けそうだと思ったのですが、実際着てみると、街着というよりは本当に試合着の感覚なんです。ちょっと強そうに見えすぎるのですね、これが・・・。
実際の試合ならかなり強そうに見えるんじゃないかな(笑)?

今回は誰の名前にしようかと迷ったのですが、久しぶりにスティービーの名前にしました。
アディダスになって初めてです。
今シーズンの活躍は目覚ましかったですからね。

プリオーダーと言うことで、色々おまけが着いてきました。
これもうれしいことですね!
一緒に「The Songs OF Anfield Road」と「Gerry & The Pacemakers」のCDも注文しました。

まあ、フットサルのときなどは活躍してくれそうです。
せっかくなので今日は新ユニを着て出かけようかな。
e0132694_8582046.jpg

スティービーが着ると、当然ながらかっこよく見えますよねぇ〜。
僕だとこうはいかないのですが・・・(苦笑)。
[PR]
by liverbird | 2009-06-13 08:59 | Liverpool FC

終戦

アーセナルも情けねーな。
これがReds相手にAnfieldで4点取ったチームですか?
セスクもニヤニヤしながら試合後に抱擁するんじゃねーよ!
意地というものがないのか?

とか言って悪態ついても、結局マンU頼みの他力本願になった今シーズンの戦い方のまずさが全て。
最後まで優勝の夢を持たせてくれたことは良かったけど、年明けからしばらく引き分け地獄に陥った試合運びのまずさを来シーズンは是非とも改善してもらわないと困る。

一番優勝して欲しくないチームに優勝されてしまった訳だから、悔しいことこのうえない。
確かにマンU相手にダブルをやってのけたが、それもこの結果を突きつけられると、何だか消化不良の感がぬぐえない。

来期こそはぜひ優勝を!
絶対頼むよLiverpool !
e0132694_23274019.jpg

Gerrard & Torres.
来シーズンはこの二人の更なる活躍で、必ずや桂冠を!
©All rights reserved.
[PR]
by liverbird | 2009-05-16 23:34 | Liverpool FC

Chelsea 4-4 Liverpool and 20th anniversary of the Hillsborough disaster

今朝の試合は見ごたえのある試合だった。
3点以上取っての勝ちが必要なRedsは果敢に攻め、前半が終わった時点で0-2とリードした時には、1-4もしくは2-4での勝利を予想したくらいだ。
しかし前掛かりになって攻めたおかげで得点を奪われて、終わってみれば4-4のドロー。2試合合計で7-5の敗戦となってしまった。
しかし1stレグで1-3という圧倒的不利な状況に置かれながら、最後の最後まで諦めず、相手を追い詰めた戦いぶりは、見ていて気持ちがよかった。

本当に強くなったなぁ~と思うと同時に、我々には奇跡を呼び起こす伝統の底力が備わっているのだと確信した。
残されたタイトルはプレミアリーグだけとなったが、これなら正直獲れるに違いない。(もちろんマンU次第ではあるが・・・)
今朝の選手達の必死の表情や、諦めないファンの応援を見て、このチームを応援していて心底良かったと思った。

そして今日はヒルズボロの悲劇から20年目の日。
このこともイレブンの気持ちを高めた要因の一つだったと思う。
20年前、珍しくサッカーのことが新聞に載った記事でこの事件を知ったと思う。
当時はイングランド=フーリガンと言う図式で語られることしかなかった(特に当時サッカーなど超マイナースポーツでしかなかった日本では)この事件は、実際は主催者、警備側の不備で引き起こされた人為的事故(人災)だったのだ。
この事故をきっかけに色んな改革がなされ、今イングランドでは、世界一スペクタクルでスリリングなフットボールを、一番臨場感が溢れ、どこよりも安全に観戦できるようになった。
今我々が純粋にフットボールを楽しむ事ができるのも、96名の尊い犠牲の上に成り立っているという事を、Liverpoolファンなら決して忘れてはならない。

フットボールを見に行って、帰らぬ人となってしまうと言う事など、二度とあってはならないのだ。

改めて96名の方々のご冥福を祈ります。

YNWA
e0132694_062336.jpg

Monument of Hillsborough Anfieldroad
Leica M6+Summilux 35mm
©All rights reserved.
[PR]
by liverbird | 2009-04-16 00:11 | Liverpool FC

LIVERPOOL 1-3 CHELSEA

今日は朝から気分は最悪だった。
最近のRedsの勢いから見て、トーレスが1点先制した時には、またまた大勝の予感があったのだが、逆に憎きチェルシーに1-3と大敗を喫してしまった。
しかも場所はAnfieldroadである・・・。

早朝のショックは夜まで尾を引き、一日が重かった。
AWAYゴールを3点も取られてしまっては殆んど致命的といっていい。

しかしLiverpoolである。今まで信じられない奇跡を幾度となく演出してきた我々である。
スタンフォード・ブリッジで3点取って勝ちゃいいだけのことだ。

決定的に不利な状況だし、分が悪いのは間違いがない。
でも不可能を可能にする、それがRedsだと言う事もまた事実なのだ。
e0132694_23125066.jpg

Liverpool
Leica M6+Summilux 35mm
©All rights reserved.
[PR]
by liverbird | 2009-04-09 23:16 | Liverpool FC

Little Reds

先日Liverpool F.C.は地元出身の若手コンビ、Jay SpearingとStephen Darbyとの契約を更新したと発表した。
地元出身のユース選手で、第二のジェラード、キャラガーとして期待される。
大金を使って有名選手を連れてくるよりも、こうやって地元出身選手をユースからじっくりと育成させて有望選手にすると言うのは、Liverpoolという名門チームに課せられたもう一つの使命とも言える。

ところでライカ仲間のShigeさんの息子さんがサッカーを始められると言う事で、先日用具を買いに行ってきたらしい。携帯メールに送られてきた画像を見ると、なんとLiverpoolのシャツを着ているではないですか!
これはまさしく正しい選択!と言う以外ありません。
これから楽しく練習に励んで、将来は立派なReds戦士になって欲しいと思います!
ガンバレ、ガンバレ!

ところがShigeさんが好きなチームはどこ?と聞くと「リヨン」と答えるらしい(苦笑)。
リヨンが行った事がある場所だからだろうけど、これからはぜひ「リバプール」と答えてもらわなければいけない。
確かにジュニーニョやベンゼマなどいい選手はいるが、やはりジェラード、トーレス、アロンソ・・・には敵わないでしょう!

ここは早いうちからの教育が必要なので、次回上京の折にはLiverpoolグッズをたっぷりとプレゼントしますよ!
e0132694_236181.jpg

Liverpoolのスカーフ、キーホルダー、水筒、サッカーボール。これ持って行きますから!
[PR]
by liverbird | 2009-04-02 23:06 | Liverpool FC