Summilux 35mmフェチ

Summilux 35mmは僕のメインレンズだ。
海外へ行く時は必ずこれとM6のセットで出かける。
その他でも圧倒的に出番が多いレンズだ。
僕の初ライカレンズはSummicron 35mmの7枚玉で、しばらくそれ1本だけ使っていたのだけど、色んなライカ本を読むうちにSummiluxと言うレンズに強く惹かれるようになった。
カリカリの切れのある写りより、柔らかいソフトフォーカスが好きだし、開放時に出るフレアーやゴースト、崩れる光源など「暴れ馬」と称される癖が、なんとも魅力的に思えたのだ。そう言うひねくれたアウトロー的なところが、天邪鬼な僕にぴったりと思えた。
それに名前がカッコよかった!Summicronという響きは、いかにもドイツ的でまじめな優等生と言った感じだが、Summiluxという響きは、どこか不良的で、危険な香りがする名前だ。どことなくロックン・ローラーの匂いがする。
また開放1.4と言うF値は、貧乏性な僕にとっては、暗いところでも何とか使えると言う安心感があった。
そんなこんなで初めて手に入れたのが初期クロームのメガネ付。このレンズは65cmまで寄ることが出来、作り自体も精巧でお気に入りのレンズの一つだ。
メガネをかけている僕にとって、ファインダーが圧倒的に見やすくなるのもありがたい。ただ難点は逆行や光源に弱いこと。M6ほどではないがハレーションが起こりやすいのだ。
e0132694_228492.jpg

e0132694_2281983.jpg

Summilux 35mmメガネ付。

その後しばらくして手に入れたのが、第二世代のストッパーなし。35と大きく印字されているタイプだ。
これが一番出番が多い。実にコンパクトで使いやすく、手持ちの全てのライカレンズの中で、一番のお気に入りレンズだ。開放付近では柔らかいが、芯はしっかりとしており、色んな条件下で実に安心して使える。立体感があり諧調も豊かだ。
外観は少しヤレ気味ではあるが、レンズは非常に綺麗であり、僕にとっての当たり玉であった。僕の多くの作品は、このレンズによる。
e0132694_2313090.jpg

e0132694_232623.jpg

Summilux 35mm第二世代のストッパーなし。

次に手に入れたのはASPHERICALつまり手磨きの非球面だ。生産本数が少なく、今ではとんでもない値段になっているが、僕は随分安く手に入れた(それでも決して安い値段ではないけれど)。
これはSummiluxと言う名の全く別レンズで、球面のものと同列に考えるべきではないと思う。巷で評判になると、どうしても自分で使ってみたくなり、買わなくてもいいのに買ってしまったレンズだ。一回欲しくなると、どうにも止まらない状態に陥る傾向にあるのである。
これははっきり言って、極端に出番が少ない。
でも使うと、その優秀さには改めて寒心するし、この写りでF1.4は、ある意味最強に思える。でも現行のASPHL機械仕上げで十分だったと思うことしきりだ(ASPHLは使ったことないのだけど)。
e0132694_234206.jpg

e0132694_2344118.jpg

Summilux 35mm ASPHERICAL。

その後手に入れたのが初期のクロームM2タイプ。メガネ付があればいらないだろうと思いながら、誘惑に負けて買ったレンズだ。
これはある意味一番僕が思い浮かべていたSummilux的写りをするレンズではないかと思う。かなり甘く柔らかい描写をしていると思う。このレンズもバカ高であるが、当時でもかなり安く手に入れることが出来た。
e0132694_2364217.jpg

e0132694_23748.jpg

Summilux 35mm 初期のクロームM2タイプ。

ここで打ち止めだろうと思っていたし、しばらくはこの状態が続いていたのだけど、先日とうとう悪魔の囁きにやられてしまった。
オークションを見ていたところ、第二世代のストッパー付が安く出ていたのである。
しばらく見守っていたのだけど、どうも動きがないように思えた。
写真を見る限り、外観はかなりヤレているし、説明を見るとレンズにもやや難点がありそうだ。しかし説明や画像を見る限り、割と信頼の置ける出品者のように感じられた。
僕はオークションを結構利用するのだけど、高い授業料も払ったが、その分良し悪しの見分け方も身についてきた。オークションにおける眼力は割りとある方だと思っている。価格が市価より10万近く安い値段で止まっており、このまま終わったなら後で買わなかったのを後悔するだろうと思って入札したら、あっさりと落札できてしまった。
オヨヨって感じでした。
e0132694_722516.jpg

e0132694_7323686.jpg

Summilux 35mm第二世代のストッパー付。

送られてきたレンズを見ると、説明通りに前玉に薄いヘアライン状のキズがあるけども、気になる程の状態ではない。後ろ玉に一ヶ所小さなキズがあり、これは後ろ玉だけに気になるところだけど、経験上まあ大丈夫かな?って程度の物。外観は画像通りかなりヤレていてスケールの色はほとんど抜けている状態だ(笑)。
でもストッパーは気持ちよく止まり、絞りリングも金属製で、ストッパー無しに比べ重厚感があり、使用感はいい感じだ。
フィルム1本撮ったのだけど、現像が上がってくるのが楽しみです!
これでいい感じで撮れていたら、今使っている物より出番が増えるかもしれない。
Summiluxはかなり個体差が激しく、僕が持っているレンズもそれぞれ特徴があるのだけど、それはいい訳かな(苦笑)。
はっきり言ってバカですよねぇ~・・・。5本だもんね・・・。
©All rights reserved.
[PR]
by liverbird | 2008-03-08 07:39 | Photo
<< Liver-bird Fernando Torres... >>